Version 1.0

Windows7でエクスプローラのように「どこでもデータボックス」を利用する方法

 

1.   スタートからコンピュータを選択します。

2.   次に以下の図のように、なにもないところで右クリックします。

なにもないところで右クリック

 

3.   「ネットワークの場所を追加する」をクリックします。以下のウィンドウが表示されます。

4.   次へボタンをクリック

5.   以下のアドレスを入力して、次へボタンをクリック

 

https://dokodemo-databox.jp/登録したボックス名

6.   メールにてお知らせしましたユーザ名、パスワードを入力しOKボタンをクリックします。

 

7.   わかりやすい名前を入力し、次へボタンをクリックします。

8.   次へボタンをクリックします。

 

9.   自動で接続するファイルを作成します。

Windows7の不具合により、パソコンを再起動するとアクセスできなくなりますので、以下の対策をほどこします。

 

スタート → プログラム → アクセサリ → コマンドプロンプト をクリックします。

以下の画面が表示されます。

 

 

以下のコマンドのボックス名、ユーザ名、パスワードを変更し入力します。(1行で記述)

echo net use r: https://dokodemo-databox.jp/ボックス名 /user:ユーザ名 パスワード > start.bat

 

例 

echo net use r: https://dokodemo-databox.jp/box-name /user:box-name password > start.bat

 以下のような感じです。 (コピペすると楽です。貼り付けは右クリックで)

10.         次に、前項で作成されたファイルをスタートアップへいれます。

スタート → コンピュータ → Cドライブ → ユーザー → ユーザ名  を開きます。

このままの状態で、次の作業を行います。

 

スタート → プログラム → スタートアップ を右クリックして、「開く」を選択します。

 

Startというファイルをスタートアップフォルダへドラッグ&ドロップします。

 

以上です。